自分に合った物件を探す

駅から歩いて5分以内がいい、買い物施設が充実している所がいいなど人によって物件を探す際には条件があるかと思います。自分に合った条件の物件を探すには、住宅展示場や不動産会社などをしっかりと周り、必要な情報をしっかり入手してきましょう。

どちらが便利か比較しよう!自分で物件を探すか不動産会社を利用するか

インターネットやアプリを利用して物件を探す

インターネットで検索をしたり、アプリを利用して自分にあった物件を探したりすることが出来ます。インターネットなどで条件をいくつか入力すれば、その条件にあった物件がすぐに出てきます。自宅や出かけ先など好きな時に物件を選びたいという人にはピッタリです。

不動産会社へ行って物件を探す方法

不動産会社へ行くと、スタッフがお客様の探している物件情報を聞くので、その条件の中からお客様に合った物件情報を提供します。スタッフとともに物件を見に行くこともできるので、自分の目で見て物件を選ぶことが出来ます。

住宅展示場で求めている住宅を見つけよう

住宅展示場へ行けば、さまざまなハウスメーカーの家を片っ端から見ることが出来ます。最初はこのハウスメーカーにしようと考えていても、いろんなハウスメーカーを回ることで本当に自分に合った住宅を見つけることが出来ます。

更新頻度をチェック!優良不動産会社の見分け方

男女

不動産会社を利用する利点

不動産会社を利用する利点としては、不動産会社には常に新しい物件情報が流れてきます。もちろん家の情報だけではなく、土地に関しての情報も管理しています。自分でインターネットから探すことはもちろんできますが、インターネットで検索するよりもいい物件を紹介してくれることもあります。また不動産屋へ依頼をすれば、空いている物件や土地の中からお客様にピッタリな情報を素早く提供してくれます。一緒に様々な物件や土地を回って説明をしてくれるので、心強い存在です。

一軒家

良質な不動産会社の探し方

良質な不動産会社の探し方は、まずはインターネットの口コミサイトを利用しましょう。インターネットでは不動産会社に関しての情報が多数寄せられています。口コミサイトは実際にその不動産会社を利用したひとの口コミが掲載されています。口コミは決して良いものだけではなく悪いものまで書かれています。この悪い口コミまで確認をして、自分にあった不動産会社を見つけましょう。また、随時新しい物件情報が更新されている不動産会社は良質な不動産会社です。

間取り

借地権を売却する方法

借地権を売却する際は地主の許可が必要になります。地主から許可を得たら、地主に承諾料を払いますが、気になる承諾料は借地権のパーセントが妥当でしょう。基本的に地主にこの借地権を売る場合は、仲介者に入ってもらうといいでしょう。他にも等価交換で売却する方法もあり、借地権の一部と地主の持つ底地の一部を交換する方法もあります。

広告募集中